日本とは違った角度から耐久性や耐震性を追求している輸入住宅

新しいライフスタイル Imported Houses

輸入住宅とはどういうものなのか

輸入住宅というものに明確なルールがあったり、厳しい決め事があるわけではなく、国内ではなく海外の設計思想が取り入れられた住宅であり、尚且つ海外の資材なども取り入れて建築したものを輸入住宅という括りで日本国内では扱われています。
海外の設計思想の一つとして、デザインの多彩性というのは特徴といえます。テレビや映画、ドラマなどでも海外の家を眺めることがあると思うんですが、アメリカの住宅とヨーロッパの住宅には違いを感じると思います。国や地域の思想が取り入れられて、例えば角ばったものであったり、柔らかさや丸さを取り入れたデザインのものもあり、日本古来の住宅とは一線を画するものが多く、海外の独特なデザインを自分の家に取り入れたいと輸入住宅を選択する人も多いです。
もう一つ、海外の設計思想を挙げるのであれば構造です。日本は柱や梁といったもので家を支えるという思想ですが、海外の住宅の多くは壁や床、天井といった大きくて丈夫な部材で家を支えるという思想が多いです。つまり、日本の住宅に比べると柱や梁などで細かく区切られた空間であったり限られた空間というよりも、広くて大きな空間が家の中にあるというのも輸入住宅の特徴です。
日本の住宅とは異なる個性的な外観と室内空間の違いがあり、日本の住宅とは違った角度から耐久性や耐震性を追求している住宅が輸入住宅なのです。

輸入住宅の国について

現在の我が国日本で主に輸入をされている輸入住宅の中で多い国々といえば、建築部材の分野に関していえば、一番多いのがアメリカで全体の割合の4割くらいであり、二番目がスウェ―デンとカナダであり、それそれ1割5分(約15%)となっているような状態のようです。
その他、デンマークやフィンランドなどのような北欧諸国、イギリスからの移民が多いオーストラリアやニュージーランドなどのような豪州諸国等々、欧米系の国々からの輸入構成となっています。
そして今度は、輸入住宅そのものに関しての輸入国の割合についてですが、こちらの場合には、北米スタイルと北欧スタイル、丸太組み立て工法からなる3つの建築方法があり、これらの建築工法から気に入ったものを注文者であるお客さんが選んでいくなどといったようなカタチになります。これらの中でも、とくに多い工法といえば、北米スタイルのツーバイフォー工法と丸太組み立て工法の2つが挙げられます。
それぞれかなりな低コストでも注文による組み立てが可能であるうえに、耐久力に優れた部材構成といったカタチになっていますので、低所得者層である方でも注文がしやすいうえに、ついでに設計などもやり易いような仕組みとなっています。そして最近ではそうした低コストであるうえに、組み立て式であるちょうど建売と注文の中間的な形態の輸入住宅商品なども出てきていますので、目が離せないところも多いといえます。

輸入住宅検討の際に注意すべきこと

最近流行っている輸入住宅、洋風のオシャレな外観に広々とした内装はまるで映画の世界のようでとても憧れますよね。しかし住宅というのは人生で一番高い買い物になるでしょうから、慎重に検討したいものです。本日は輸入住宅を検討する際、注意すべきことを紹介します。
まず輸入住宅というのは親から子へ、子から孫へと次の世代へ大事に受け継いで行く思想の元に設計されています。近代日本の住宅は約30年しか寿命がありませんから多少の設計ミスをしようが一代の我慢で済むかもしれません。しかし輸入住宅は10年後20年後だけでなく90年後100年後のライフスタイルも考慮して設計する必要があります。
また輸入住宅はツーバイフォー住宅であることが多いです。ツーバイフォーとは日本家屋にありがちな柱や梁で家を支える方法ではなく、床、壁、屋根といった面で家を支える面構造になっており、強度は高いのですが増築や改築が難しいというデメリットがあります。そのため間取りは熟慮の末に決定しましょう。
輸入住宅に特化したメーカーはまだ数が多くはありません。輸入住宅に強いメーカーは大手でないことが多いため潰れる可能性もあります。修繕が必要になった時にもしお世話になっているハウスメーカーが潰れていたら、別のメーカーを探すのに少し苦労するかもしれません。自分に合った住まいを作るために、未来の子孫たちのために、住宅情報をきちんと収集し後悔のない家を建てましょう。

輸入住宅は日本の生活に適しているのか

輸入住宅の見た目の素敵さは、誰もが認めるところなのではないでしょうか。しかしながら、いくら見た目が良くても、長く生活をするとなるやはりと問題も出てくるのではとお考えになる方も多いはずです。実際のところ輸入住宅というのは日本の生活に適しているものなのかどうか、丁寧に解説をしていきます。
まず日本で暮らす上で無視できない問題として、地震があげられます。輸入住宅は地震の多い日本に適しているのか、多くの人がきっと不安に思われていることでしょう。しかしながら、心配をする必要はありません。実際のところ、輸入住宅は耐震性や強度の面でも優れているので、安心して生活できるでしょう。
次に多くの人が不安を感じるポイントとしては、日本で生まれて日本で育った日本人が海外風の家で落ち着けるのか、というものが挙げられるでしょう。しかしその点も心配はありません。なぜなら、輸入住宅は何も全てを完璧に海外仕様にする必要はないためです。落ち着ける和室を一室作ったり、洗濯物をほすのにバルコニーを設けるということも十分可能です。そのため、日本人でも快適に生活をすることは十分に可能なのです。このように、皆さんが思っている以上に輸入住宅というのは日本の生活に適していると考えられます。

輸入住宅のメリットとデメリットというのは

輸入住宅とは、海外から建材を輸入して建てる住宅のことですが、これが今、女性から多くの人気を集めています。では、輸入住宅の人気の理由とは、どんなものがあるのでしょうか。輸入住宅の最大のメリットは、やはり、そのデザイン性です。北米や北欧の建材で建てた住宅は、日本の住宅にはない美しさがあります。切妻屋根のアメリカンスタイルや、温かみを感じるプロヴァンス風が人気のヨーロッパスタイルなど、女性が憧れを抱く美しい外観が、その人気の理由なのです。オールドイングリッシュタイプなどは、男性にも人気の高い輸入住宅です。
そして、輸入住宅は、その工法にもメリットがあります。北米などで主流の工法は、日本の住宅と違い、面で支えるタイプのツーバイフォー(2×4)工法です。これは、壁が地震の揺れを分散してくれる、高い耐震性があるというのが特徴です。輸入住宅を支持する人は、この耐震性にも注目してるのです。
ただし、少々面倒な点として、メンテナンスの難しさがあります。なにしろ海外のものですから、日本ではこれに対応できる大工が少ないのです。そのため、メンテナンスを頼む時、適切な業者をなかなか見つけられないこともあります。したがって、輸入住宅を建てるなら、事前の情報収集などを行い、じっくり検討することが大切なのです。

デザインの多様性を新しく建てる新居に求めるなら輸入住宅をブルースホームさんにお願いするのが良いのではないでしょうか。デザインやご家族の構成に合わせて様々な企画プランを提案してくれる優良企業ですよ!

お知らせ

手のひらの上の家

知らなかった輸入住宅という選択肢

将来は自分の家を持ちたいと思うようになってから、たまの散歩はある目的を持ったものへと変わりました。散歩中にいいな、と思う家をチェックするようになったのです…

» 詳しく見る

カップル

輸入住宅のカタチについて

その名の通り、輸入住宅というものは、我が国内日本で開発あるいは設計をされたような住宅の種類とは異なり、日本以外の諸外国において発案・開発・設計などをされた…

» 詳しく見る

家と設計図

輸入住宅プチまとめ

住宅購入をお考えの皆さん、人気の輸入住宅も選択肢に加えてみませんか?輸入住宅って何?という方のために、簡単にまとめてみました。まず、輸入住宅とは「…

» 詳しく見る

ソファ

輸入住宅の購入についての長短所

一言でいくら輸入住宅などといっても、これにもやはり幾つかの工法がありさらにそれらの中に建てていくべき住宅の種類などといったものがありますので、それぞれ毎の…

» 詳しく見る